FC2ブログ



ほんまによく使ってます(^^)


プロフィール

ぞうがめ

  • Author:ぞうがめ
  • ・年令 36('71年産)
    ・国籍 日本、中部地域
    ・おとなのおもちゃの普及をめざす!?

    ※リンクはご自由にどうぞ。相互をご希望の際は、声をおかけください。

    こちらの意に

FC2アフィリエイト

父の日・ギフト・花束・母の日

最近の記事

カテゴリー

FC2アフィリエイト

FC2 Affiliate

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード:携帯からもアクセスしてね

QRコード

FC2アフィリエイト

FC2BLOG

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

エログー(Hなブログランキング)

ほとんどここで
購入してます(^^)

-
天気予報コム-
『おとなのTOYざらす』
18才未満の方は、「絶対みちゃだめ!」です。 おとなのおもちゃの使用感想などを中心に書きつつも、身の回りのいろいろを書くブログです。 テーマに節操がないのがとりえ!?(^^)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひさしぶりです
約2年ぶりの記事となります。
なんとか生きています。ぞうがめです。

2008年年末に記事を書き、2009年、2010年となり、ぞうがめは女性関係などおとなしくしていたのか?

答えは「NO」(おとなしくはしていない)です

文字通り「出会いと別れ」をしつつ過ごしてました。

そんな中で気づいた事は、俺って「ぽちゃっとした女性」が好きなんだな?ってことです。

おとなのといざらす、いわゆる「おとなのおもちゃ」も相変わらずいろいろ使っていますよ



最近、2年前に急に音沙汰のなくなった人妻さんからメールが来ました。
聞けば自分自身が病気になって手術などをして回復。その後旦那さんと別居しているとのことでした。

「また会いたい」というメールが来たので会ってきました。

2年前、最後に会ったときからかなり痩せていてびっくりしましたが、ホテルに入って言葉もそこそこにプレイが始まってしまいました

シャワーを浴びてベッドで横たわり、ようやく話を聞くと、結構な大手術をされたことをしりびっくりしました。

「エッチしても大丈夫なの?^_^;」といまさらのように気遣ってしまいました。

「全然大丈夫よ」と笑ってくれました。逆に、彼女の方から「私の感じ方とか前と一緒?」と質問されました。

「感度、感じ方、濡れ方どれをとっても前とかわんないよ。逆に濡れ方は前より増量してるよ」というと、安堵の表情を込めながら笑っていました。



そんな、再びの出会いなどもしつつ、過ごしております。



スポンサーサイト
[PR]

生きてます
お久しぶりです。ぞうがめです。

なんとか生きてます(^.^)

このブログに更新するようなことは・・・・頻度は落ちましたが相変わらずです。

「新しい出会い」というよりも、「より深い快感を求めて」という感じです。


あけまして
丑年ですって!ぞうがめです。

あけましておめでとうございます!

年末に「徹子の部屋 総集編」で、ゲストの「徹子さんの頭のふくらみの中には何が入ってるの?」という質問に、徹子がおもむろに頭の髪のふくらみの中から、飴を取り出してるのをみてすごくびっくりしました。
その上、徹子が「いつもなら、せんべいも入っていることがあるのよ」とまで・・・

そんな意外性のある人間になりたい、2009年ぞうがめです。
おひさしぶりです
暮れの元気なごあいさつ?というわけでぞうがめです。

ほぼ更新せぬまま年末を迎えました。

立ち寄ってくださった皆様には、「ちっ!」と舌打ちを打たせるような思いをさせて申し訳ありませんでした。

また来年もよろしくおねがいします(^.^)

って書いたけど、更新できるだろうか???^_^;
お久しぶりです
ようやく過ごしやすい天気になってきましたね。お久しぶりです。ぞうがめです。

メタボな私は、夏が人より長いのです

ブログをお休みしている間に、大人のといざらすに興味を持ってくれた女性とお会いしてきました。

いままで、人妻さんとの出会いばかりでしたが、この女性は未婚の女性でした。
私にとっては珍しいパターンです。

お茶をして、ホテルに入り、話をしつつ、そして・・・

元々口数の少ない女性でしたが、愛撫に対する反応は十分で、色っぽい声も感じるごとに大きくなってゆきました。

十分に潤い、クリもぷっくりしてきたところで、スティックローターを全身の感度を確かめるように這わせました。結構いろんなところに反応を示してくれました。
特にローターで責めつつ、耳にそっとキスをすると、びくっ!と身体を震わせて感じてくれました。

ローターをクリにあてたり、濡れた割れ目に沿わせて動かすと、足の指をきゅっと曲げるようにして声を上げてくれました。
スティックローターを中に滑り込ませて、中をマッサージするようにゆっくり動かすと、よりいっそうシーツを握り締めながら感じて、軽く1、2度イッたようでした。

今度はオルガスタービックで中を中心にいじめてみました。
クリと中に伝わる振動に、バイブを動かすたびに、
「ダメ!・・・ダメ!・・・感じすぎるぅ」と身体をのけぞらせていました。
「イク時は、ちゃんと言わないと、バイブを抜いちゃうよ」というと、言ったか言わないうちに、
「いっちゃう!いっちゃうの!だめ!だめ!・・・・あああん!」
と1回。

横に添い寝した状態で、さらにバイブを出し入れすると、私の肩をつかんで、さらにイッてしまいました

「こ、これ、すごい感じちゃう・・・ぐりぐり動かされたら・・・もう・・・」
と、オルガスタービックをべたほめしてくれました
「こんどはぞうがめさんのが欲しい」と、こちらの返事を待たずに積極的にフェラをしてきました。
ディープキスをしているときにも感じたんですが、この女性の舌は固いというか、しっかり動く感じで新鮮な感覚でした。
そして、フェラをされているときに、彼女の方を見てみると、しっかりこちらに目を合わせてフェラしてくれました。とてもエッチです。

これはあとで聞くと、「相手の顔を見ながらフェラするのが当たり前だと思ってた」と言ってました(^.^)

十分大きくなったところで、
「入れたくなってきたよ、どうしよっか?」というと、
「正上位でグリグリしてほしい」とのこと。
リクエスト通りに、ゆっくり、そして時には早めにぐりぐりまわすように動かしました。

「どう?感じる?」
「ああ!ああん! うん・・・いっぱい感じる・・・もっとぐりぐりして・・・お願い」

私の腕をつかみながら、いっぱい感じてくれてるようです。

2回ほど彼女がイッから、私も果ててしまいました。


しばらく休憩しつつ、
「そんなにこれ(オルガスタービック)がよかった?」と聞くと、
「うん、すごく感じたよ」
「そうか?気に入ってもらえてなによりです。っていうか、『また責めて』っていうおねだりかな?」
「うん(^.^)」

そんなわけで、また体位もかえつつ責めました(^.^)

追伸
後日彼女からのメールで「今度はアナルを試して欲しいし、試したい」とのこと。
「試して欲しいはわかるけど、『試したい』って俺のをかい?」と返すと、「うん」ですと。
どうしよっかなぁ?過去に俺はあまり感じたことはないんだけどなぁ・・・^_^;

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

お盆です。
お盆なので、帰ってきました。ぞうがめです。
でも、また水面下にもぐります。ってだめじゃん!

記事を書かない間も、ちょこちょこと出会っておりました。

今回は画像中心の記事です。

前に書いた「Mな女性」のMさん。この女性は、自分でリボンで開閉できる穴あき下着を持っているくらいの女性で、ある日会う前にメールで彼女が
「なにかリクエストある?」と聞いてきたので、
「う?ん、ストッキング直ばきで!」とリクエストすると実際にやってきた姿がこれです。

TS360063zg.jpg

よく見ると、わかると思いますが、部屋に入り、
「ベッドで自分で広げて見せてみて」
と、ベッドで広げた時点でうっすら濡れたシミを浮かべておりました。


[READ MORE...]
夏のご挨拶
♪なつ?の 元気な ごあいさつ? というわけでぞうがめです。

おひさしぶりでございます。ってこの記事に気づかれる方も少ないと思いますが・・・

私の住んでいるところは今日現在まだ梅雨入りした状態ですが、晴れの日も多く「夏」を感じないわけにはいきません。みなさんのお住まいの場所はいかがですか?


まだ「エログ再始動!」というわけにはいきませんが、水面下ではえろい事は・・・ちょこちょこやってます。最後に記事にした女性ともたまに逢っています。相変わらず騎乗位で下から責めて、相手の腰をつかんで自分好みに動かして喜んだりもしています。

これから、もっと暑くなっていきますが、あなたが体調を崩す事のないようお祈りしております。

では、また!^_^



Mな女性(その2)
前回からすっかり間が空いてしまい申し訳ありません。ぞうがめです。

黒のパンティーだけを着けた彼女をベッドに横にして、ベッドの横に立ち俯瞰で彼女を見て徐々に近づいて行きました。

「Mさん、いじめてもらいたいの?」と聞くと、

「はい・・・」

ここで正直びっくりしました。
「はい」なんて答えるのは、かなり責められ慣れしている、言い方を変えれば、調教されている証!!!(あくまでぞうがめの勝手な推測です(^.^))

この「はい」で盛り上がってしまうのは、私にS気があるからでしょうか?

彼女の手をベッドに押さえつけるようにして、

乳首、から脇にかけて舌を這わせました。

「あ、あ、あ?ん」

かなり、もう大きな声です。

さっきから硬くなっている乳首を、唇でつまむようにひっぱりあげると、
引っ張る力が強まるごとに、
「ぁっぁ! あああ! んっ!!

声も、クレッシェンドしていきます。

そんな声を聞いた後は、彼女の全身を調べるために全身キス。

上半身、彼女は脇が弱いようです。(^.^)

上半身のあと、秘密の部分を避けるように足へ、足をキスしているときも、足をもじもじしています。
白い肌がとてもきれいで、ついキスする時間も長くなってしまいます。

そんな長いキスの間も、いい声は吐息とともに漏れ続けています。

足のキスのあと、黒のパンティーのあの部分に指を添えると、
「あん!」誰でもわかるくらいに湿ってました。

指でパンティごしにすりすりしながら、
「もうこんなに濡れて、Mさんっていやらしいね」
「はい・・・」
「中がどうなっているか、自分でもう一回いってみ!」
「私の・・・・パンツの中は・・・・ぐしょぐしょ・・・です」
「パンツの中のどこがぐしょぐしょなの?」
「お・・・おま○・・・こ」
「ん?聞こえなかったよ」
「ここでしょ?濡れてるここはなんていうの?」
と、指でのすりすりを強めにすると
「ああ!・・・おま○こ!!」

パンティを脱がせて、実際にさわると、本当に溢れ出ていました。
「いつも、こんなに濡れるの?」
「はい」
「エロいなぁ・・・今触っているけど、中をどうして欲しい?」
「%()&)(=・・・・・」(小声で聞こえません)
「ちゃんといわないと!」
「かきまわしてください!」

ここで、指を入れてみると、絡み付いてくるような愛液がすごくエッチで、焦らすことも忘れ、ついつい中をくまなく愛撫してしまいました。
彼女は、身体をのけぞらせて感じてくれています。
そして、2分もたたずして
「あああ!あああ!だめ!だめ!イク!!イク!!いっちゃう!と、イッてしまいました。





[READ MORE...]
Mな女性(その1)
春まであと何歩?ぞうがめです。

予告でお知らせした分のUPでございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、とあるサイトで知り合った女性とお会いしてきました。

サイトの中の自分の日記みたいなところに「かなりMで、いじめられたいの」と掲載していた女性の名前はMさん。M気があるからMさんとつけた訳ではありませんよ(^-^)

事前のメールのやり取りでわかっていることは・・・
・いつものごとく人妻さんです。
・ちょっと年上。
・旦那さんの他にも彼がいるそうです。


「私はMです。」
と最初からわかっている女性とははじめて会うので、緊張はするものの、わくわくもしてしまいました。
果たして、会ってどれくらいからM気が見え始めるものなのか・・・

待ち合わせの場所に現れたMさん。おとなしい印象の女性です。ちょっと警戒というか緊張している表情です。
お互い「はじめまして」と話をしても…普通。(当然ですね。いきなり「いじめてよ!!」と登場されてもこっちが弱ります)

そしてすこし緊張が解けたぐらいの時に「よかったらもっとゆっくりお話ししませんか?(^-^)」というぞうがめの常套句で、ホテルにお誘いして、部屋に入ってソファに座ってお話しても…まだ普通。

温かい飲み物をお互い飲みつつ、いろいろお話。ちょっとエッチな話も出てきました。
彼女の反応を見たくて彼女の膝付近に手を置いた時から様子に変化が…彼女が無言になりました。でも、手を振り払うわけでもないので、肩を抱き寄せた瞬間。Mさんも抱きついてきました。
「緊張してました?(^.^)」
だまって微笑みうなずく彼女。

キスして、彼女のタイツ越しのひざに置いた手を、スカートの中に・・・
スカートはひざまでなんで、非常に侵入しやすくなってました。
手を動かすと、彼女の息づかいが次第に荒くなってきました。
太ももまでのタイツ(ストッキング?)より奥に進むと彼女の肌に直に触れました。
すごく、さわり心地のいい肌質で
「すごく、さわり心地がいいんですけど?」というと
無言で照れるように微笑んでました。

もう止まらなくなった指は、彼女の敏感な部分をパンティ越しにさわさわ。
「あ!」
あえぎ声は出るものの、まだ照れているのか抑え気味です。

上の方も、不法侵入した手はブラのホックを外して、直に触れました。
ちょうど手におさまるカップの胸を手のひらで覆い、指で乳首をつつくと
「あ・・・ん!」

直接見たくなり、部屋を暗くすることもなく、徐々に脱がせて
乳首を口に含みました。すでに硬くなり始めていたのが完全に硬くなってゆきます。
「すごく、硬くなったね・・・エッチだね。」
返事はありませんでしたが、転がすたびに私の肩に置いた手が
「あん!あん!」というあえぎ声にあわせるように、
首に、そして頭へ上がっていき、自分の胸に押さえつけるようにしてきます。

シャワーを浴びるのももどかしく、
「ちょっとベッドにいこうか?」と誘うと
とろんとした目の彼女が、うなずきました。
まだMな部分はみえてません(^.^)

つづく!






テーマ:エッチな女性に・・ - ジャンル:その他

迷惑メール
「おやじくさい!」と言われようが、特にこの時期は温泉が好きです。
とうぜん日帰りですが、なにか?ぞうがめです。

Mの女性の記事を早くUPせねばならない状況ですが、
あまりにも心を奪われた「迷惑メール」がありましたんでご紹介させていただきたいと思います。

件名:あなたをフルーツにたとえると

干し柿ですね。
まさにあなた自身を具現化していると思いませんか?

はじめまして、美子と申します。
あのしわしわした干し柿を口にふくみ、舌でひとしきり転がした後で
中に入っている種をちゅぱちゅぱと吸い出してしまいたくなるのですが、
特にあなたの干し柿には注目せざるを得ません!
これまで苦痛に満ちた人生という風にさらされ、
耐える美学を極めた日本人として、世界に恥じない風格を醸し出しています。
あなたもそれは感じている筈ですよね。

そこでご相談なのですが、
キング・オブ・ザ・ホシガキの異名を持つあなたの干し柿がお風呂に入った後で
だらしなく伸びきったところをわたしに賞味させて頂けないでしょうか?
もちろん、冷え切ってカチコチになっている干し柿でも大丈夫です。
わたしの頬に当てて、人肌に暖めてから味あわせていただきます。
もちろん無償で私があなたの大事な干し柿を食すわけにもいきませんので、
それなりのお礼も考えています。
一般的な高級干し柿が一房5?8000円程度ですが、
あなたの干し柿はこの世にたった1つ。
種に至っては2粒しかございませんし、
その希少価値を考えると100倍以上の価格設定は間違いないと思います。
その価値は十分あると真剣に思っています。

どうしてもあなたの干し柿を手に入れたいので、
http://xxxxxx.XXXXXXXX/
こちらにわたしの自宅の住所や電話番号などの連絡先を明記しておきます。
美子で探してもらえればすぐに分かるはずです。

それでは干し柿の件、よろしくお願いします。


誰がキングオブ・ホシガキやねん!!
と、つっこみ、ほんとに出会い系を宣伝する気があるのか問い詰めたくなりました


誰ですか?
「ぞうがめは手を抜いて、コピペで記事を埋めようとしてるんだよ」と、
親から子へ、そして子から孫へと伝えようとしてるのは・・・

すいません、正解です。
次回にご期待ください!(^.^)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。